センチメンタル同盟

頭と身体の衰えが一致しない私の老いへの初めの一歩

猫は歯が痛み、飼い主は懐が痛む


コタロウは9歳である。



年末にワクチンを受けに行ったとき、


コタロウも9歳なので、そろそろ


歯石を取ったほうが良い、と言われた。



人間と同じように、歯周病は怖い。


特に猫は、歯周病と口内炎がセットで起こり


体にダメージを与える。



全身麻酔で歯石を取る、という話に


少しおよび腰になった。


麻酔は大丈夫なんだろうか?



コタロウが交通事故で骨折したとき、


やはり全身麻酔で手術を受けたけれど、


あのときはまだ若かった。



目が覚めない、なんてことはないよね?



そこは獣医師を信じ、祈るしかない。



朝一番にコタロウは血液検査を受け、


そのまま処置のために預かりとなる。



前もって予約していたので、


シフトも早帰りにしてもらって


ダッシュで迎えに行った。



思ったより歯の状態が悪く、


5本の抜歯となったとのこと。



その際、麻酔のせいなのか、


心電図の波形が低く、



もしかしたら、心臓に異変があるのかも、


と先生も焦ったようである。



5本の抜歯と聞き、かなりショックだったが


もしも処置中に心臓が止まっていたら、


と思うと、ぞっとした。



健康で長生きしてもらうための処置だが、


もしものことがあったら、


後悔したかも知れない。



全身麻酔のため、朝から絶食のコタロウは


夜も絶食である。



まだ麻酔から抜けきらず、


ちょっとふらつくようで、静かに寝ている。



5本も歯を抜いたら、さぞ痛かろう。


優しく撫でて慰める。



覚悟はしていたけれど、


その医療費もなかなかの額で


トータルで4万5千円ほど。



コタロウのためなら、少しも惜しくはないが


コタロウは歯が痛み、飼い主は懐が痛む。



私がまだ働く理由はこんなところにもある。


ブツブツ言わずに働け、働け。



とりあえず私には働ける体があり、


とりあえずコタロウは元気に生きてる。



これ以上、何を望むと言うのだ?



歯の痛みを抱える猫と


懐の痛みを抱える飼い主は


共に仲良くベッドに横たわるのだった。



めでたし、めでたし\⁠(⁠^⁠o⁠^⁠)⁠/




 選択肢


東京都知事選が終わった。



東京に住む次男から


候補者みんな胡散臭くて迷う、と


ラインが来た。



ものすごくわかる話だ。



でも、だから投票に行かない、という選択は


してほしくなくて、



マシな人を1人選ぶよう、返信した。



候補者の中にドクター中松の名前を見つけ、


まだ出馬する意欲のあることに驚く。


もう御歳は90を超えている。



問題点が多々ある選挙ではあった。


民主主義はなかなか難しい。



この2人しか選択肢がないの?


というアメリカ大統領選も難ありだが、



こんなに候補者がいても


「胡散臭い」と選択をためらう都知事選も


なかなか難ありである。



それでも


失敗しても



新しい風を吹かせることは必要だ。



民主主義も


雨や風や波に揉まれて


磨かれていかなければならない。



磨く努力をあきらめないことから


その一歩は始まる。



都知事選はあっけなく再選で終わったけれど


新しい風を求める声は


必ずその一歩に繋がるはずなのだ。



一票をあきらめない


一票を見捨てない



そこが一番大事なことではないかと


思うのである。



古民家カフェにて5年後を語る


マスオさんからお誘いがあり、


古民家カフェで語り合う。



周りは白髪頭のオールドボーイばかり…



モーニングタイムは女性が多いものだけど


何故か店中、オールドボーイ(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)



マスオさんは、ちょっと若手に入る(⁠ ͝⁠°⁠ ͜⁠ʖ͡⁠°⁠)⁠ᕤ



ちょっと若手の私たちは



年金を早くもらいたいけど、


嫁さんが渋い顔するからさ〜、とか



前に骨折した足が時々痛むんだよ、とか


自分が思ってるより耳が聞こえにくいよね、


とか…



ちょっと若手とは言え、


話す内容は完全にOBとOGである╮⁠(⁠^⁠▽⁠^⁠)⁠╭




少しゆとりのあるマスオさんは、


年金を繰り下げてもらうのか


繰り上げてもらうのか、悩みどころである。



長く生きられない気がするからさ、


と神妙な顔で言うが



そうか〜?



生き急いでる、と言ってもいいくらい、


あれこれとやりたいことに忙しく、



山登りしてたり、ソロキャンプしてたり、


陶芸や金継ぎやお酒作りにも興味を示し、



お茶した後には、ボタニカルアートの講座に


参加すると言う。



長く生きられない、と


何故か思い込んでいるけれど



それだけやりたいことをやり、


言いたいことを言い、


ストレス少なく生きていれば



長生きできると思うぞ?



私は、と言えば


古民家カフェの常連さんのような


オールドボーイたちが羨ましく



あんなふうにのんびり楽しく


朝を過ごせたら、幸せだなと思う。



それでもバタバタと忙しく毎日を過ごす私は


不幸なのかと言えば、そんなこともなく



マスオさんに


もう、仕事辞めちゃえば?


とスカートの裾を踏んづけられても



まだまだ働き続けている。



私たちはさらに語り合う。


いつまで働く?



そうして


立派に古民家カフェに馴染み、


立派に老年世代の話題に終始し、



ちょっとだけ若手のつもりでも


ちっとも若手じゃなくなっていることを


お互いに再認識するのであった。



5年後、


私たちはどんなOBとOGになってるんだろ?